世界における販売状況

世界における販売状況には

世界の自動車メーカーの販売状況

世界というグローバルな視点で自動車業界を見た時、販売台数でトップクラスを走るのは日本車とドイツ車です。日本車は、海外では信頼性の高さが評価され、販売台数に結びついています。ブランド戦略も巧みで、通常のラインナップとは異なった高級志向の車種を揃えたディーラーを用意し、幅広い層に支持される販売戦略をとって世界に挑んでいます。他方、ドイツ車は『ドイツ御三家』と呼ばれる強力なブランド力を持ったメーカーと、一般層向けの車を販売している巨大メーカーが販売ランキングの常連となっています。これら日本車とドイツ車が、自動車販売ランキングの上位を独占している状態です。

燃費ランキングに思うこと

自動車には様々な種類のランキングが発表されますが、多くの人にとって関心が高いものの一つに、燃費ランキングがあります。メーカーではどれだけ燃費を良くするかで必死です。それは、その燃費の差が直接売り上げに関わってくる可能性があるからです。ハイブリッドカーの量産車を世界に先駆けて開発したトヨタは、新型プリウスにおいてついにJC08モード燃費が40km/Lを超えました。かつては10km/L前後が普通自動車の平均的な燃費だった時代のことを思い出すと、その技術の進歩に驚くばかりです。ただ、カタログの数字以上に運転の仕方で燃費は大きく変わることも忘れてはなりません。

新着情報

↑PAGE TOP